エステ脱毛のデメリット

エステ脱毛は通う回数が多くなる

エステサロンや脱毛専門のサロンで行われているエステ脱毛は、医療機関で行われる医療脱毛と比べて値段もお手頃で痛みも少ないので、初めて脱毛するという人にもお手軽な脱毛方法として人気です。ですが、そんなエステ脱毛にもデメリットがあるので、きちんと考えてから脱毛を始めないと後悔する羽目になってしまいます。一番気にしておきたいのが、エステ脱毛は脱毛のために照射する光の出力が低く、効果を出すために必要な回数が医療脱毛の2倍くらいになるという点です。そのため一回あたりの値段が安くても回数を重ねれば意外と高くなることや、脱毛完了までに必要な期間が長くなってしまうことが考えられます。人気店で予約が取りにくければ、なおさら時間がかかります。

エステ脱毛だからこそのデメリット

脱毛というのは肌にダメージを与えてしまうものです。エステ脱毛は医療脱毛に比べて出力が低いので肌へのダメージは抑えられるはずですが、肌がヒリヒリ赤くなるなど、様々な肌トラブルが発生する可能性も無いとは言えません。もしトラブルが起きた場合、医療機関で行う脱毛はすぐに処置が行えますが、エステサロンはその場で治療や薬の処方を行うことができないので別途皮膚科などに行く必要が出てしまいます。技術が未熟なスタッフによる施術だとトラブルの可能性も高まるので、エステ脱毛する場所はしっかり選ぶことが必要です。 また、エステ脱毛は毛根の組織を完全に破壊することができず、あくまで減毛や抑毛を行っています。そのため医療脱毛に比べると毛が再生して再び生えてきてしまうこともあるので、一生ツルツルの肌にしたいと考えている人は注意してください。

脱毛サロンは、脱毛だけを行ってくれる所です。脱毛の施術方法はいくつかありますが、サロンでは光脱毛が主流となっています。