医療脱毛のデメリット

施術にかかる費用が高い

医療脱毛は一回の施術で得られる効果が高いのが特徴です。しかし、効果が高い分、値段も比例して高くなっていきます。クリニックごとによりことなりますが、完全に脱毛する場合、費用は数十万に及ぶことも珍しくありません。全身脱毛の場合、50万円以上かかることもあります。医療脱毛で使用する機器類は最新のもので、医師免許がなければ使用できないより専門的なものですが、これを使って施術するのはどの脱毛方法より値段が高く付いてしまいます。価格が高いため、脱毛をしたいけれどなかなかできない、という方も少なくありません。脱毛などの美容整形には保険が適用されないので、施術費用の高さは医療脱毛における最大のデメリットとも言えます。

施術時に痛みを伴うことがある

医療脱毛で使用する脱毛機器は一般的にレーザーです。医師免許を持つ方のみが扱える高出力のレーザー機器で、メラニン色素を破壊して毛根から脱毛をします。しかし、このレーザー機器を肌に照射したときに、どうしても痛みを感じてしまいます。痛みの程度は人それぞれで、あまり気にならない方もいれば我慢できないほどの痛みになる方も居ます。問題なのが我慢できない場合で、途中で施術を止めてしまう方も珍しくありません。また、他の部分は気にならなかったけれど、別の部分で激しい痛みを感じたというケースもあり、痛みに関しては予測できないというデメリットがあります。麻酔などの対応策はありますが、どの程度痛いかは実際に施術するまで分かりません。

全身脱毛は、光やレーザーの力を利用したものが主流となっており、目元など一部を除いて各パーツのムダ毛を短期間で処理することが可能です。